おすすめのアフィリエイトとブログTOP > アフィリエイト収入 > Safari11のITPとアフィリエイト
 

2017年11月に、おすすめのアフィリエイト各社から、私の通帳に振り込まれた成果報酬の写真です。

 
   振り込み名義   アフィリエイト会社
振込金額
登録難易度
おすすめ順
         
 
 カ)フアンコミユニケーションズ
A8.net (エーハチネット)
¥109601円
誰でも登録可能
 カ)インタースペース
アクセストレード
¥19629円
中級者向け
 カ)セプテーニ・クロスゲート
xmax (クロスマックス)
¥64800円
中級者向け
   カ)フオーイツト   affiliate B (アフィリエイトB)
¥14737円
中級者向け
 カ)アドウェイズ
ジャネット(JANet)
¥2721円
中級者向け
   カ)レントラックス   レントラックス
¥58436円
  上級者向け
 
合計
¥269924円
 

【特記事項】

初心者の方は、まず、A8.net (エーハチネット)から始めて下さい。

理由は、A8.net (エーハチネット)には、アフィリエイト活動のためのブログである

ファンブログが用意されているからです。登録時に一緒に作ることができます。

ゼロからアフィリエイト活動が始められるブログまで用意してくれているのは、ここだけです。

しかも、広告主、つまり、スポンサーの数もアフィリエイト全社の中でも最大数なんです。

 

その他の全てのアフィリエイト会社は、登録申請する以前に、前もって自力で、アフィリエイト活動に

ふさわしいブログを作っておかないと審査に合格できず、登録もできないんです。。

詳しくは、なぜA8.net (エーハチネット)から始めた方がいいのか?をご覧下さい。

 

2017年11月28日

こんばんは、すっかり冷え込んできましたね!

もうすでに、石油ストーブを使っています。やかんで、お湯も沸かせるので、

エアコンのように室内が乾燥することもなく、毎年使っています。

さて、今月のアフィリエイト売り上げですが、約¥27万円稼げたので、まずまずです。

 

さて、2017年9月下旬から、アップルの iPhoneの最新OSである、iOS11で使われている、

インターネット閲覧ソフトである、ブラウザ Safari11(サファリ11)に装備された、

ITPのアフィリエイト活動に対しての影響についての説明と現状報告をします。

ITP とは、Intelligent Tracking Prevention の略で、

和訳すると 「高機能な追跡防止装置」 というような意味があります。

これと似たような機能は、たとえば、皆さんが何かの商品に興味を持ってネット検索で調べていると、

なんか、いつの間にか、その商品そのものや、それに類似した商品の広告バナーが、

あちらこちらに出てきますよね? まあ、おもにグーグルアドワーズの広告が多いのですが。

これは、あなたの調べた商品などに関連したものをグーグルなどが追跡、分析して、

あなたが、その商品を買うように促しているわけなんです。まあ、一種の販売促進活動ですね。

この追跡、分析をしているプログラムは、Cookie(クッキー)と言われています。

アフィリエイトプログラムにも、この Cookie と似たような追跡記憶機能があって、

あなたのアフィリエイトブログ経由で、アフィリエイト商品が購入されたことが、

キチンと把握されていてこそ、あなたの日々の正確なアフィリエイト売上が発生するのです。

 

ITP 機能が作られた理由について

さて、話は戻りますが、ITP は、この Cookie の追跡記憶機能を防止しちゃうんですよね。

ITP 機能が作られた理由は、上記で書いたように、自分が調べた商品が勝手に、

これでもか、これでもか、と、しつこくバナー広告などで表示されるのを嫌がる、

嫌っている人々からの強い要望があってできたんです。

確かに、自分が調べた商品が、すぐに、しつこくグーグルのバナー広告で出てきたら、

「おまえの調べているものは全部知ってんだぞー!」 って言われているみたいで、

気持ち悪いですよね。(;´∀`)

だから、ITP 機能をアップルはスマートフォンに搭載し始めたわけなんです。

ですから、グーグルアドワーズのアフィリエイト活動である、グーグルアドセンスで

アフィリエイト売上をかなり稼いでいるような人は、相当な売り上げダウンの

危険性がありますね。。

 

ITP が、グーグル以外のアフィリエイト各社に与える影響について

2017年10月下旬くらいから、アフィリエイト各社から、だいたい下記のような

通達メールが来ました。

1.ITP は、アフィリエイト広告のトラッキングに影響を及ぼす可能性があります。

2.当社は、ITP の影響を受けない方式でのトラッキングに対応済みです。

3.広告主の方で、ITP の影響を受けない新しいトラッキングタグへの変更を順次行って

頂いております。

4.アフィリエイターの方で、アフィリエイトプログラムの変更対応は不要です。

1と2の内容に多少矛盾がありますが、これは 「問題点はありますが、対応済みです。」

ということですね。

で、最も気になるのは、3つ目ですね。。

つまり、今回の ITP 対策の変更作業は、広告主任せということなんですよね。

それと、A8.net(エーハチネット)からのメールには、

5.2018年3月末をめどに、提供中の広告全てへ案内を完了する予定となります。

6.対応済みのアフィリエイトプログラムについては対応済みアイコンの掲示を予定しております。

とあります。つまり、これは、来年の春先までには、キチンと完全対応したいという希望的観測と、

キチンと対応しない広告主には 「対応済みアイコンを付けてやらないぞ!」 という警告でしょうね。

 

広告主が ITP 対策の変更作業を行わない可能性について

広告主が ITP 対策の変更作業をしなければ、その広告主の商品などを紹介をした

アフィリエイターを特定することができなくなりますので、本来支払うべき正当な報酬を

支払わなくていいことになります。

ただ、私たちアフィリエイターも、毎月毎月、どの広告主から、どのくらいの報酬が

発生しているのか把握していますし、私たちアフィリエイターに成果報酬が発生してこそ、

アフィリエイト会社にもマージン手数料が入るわけですから、アフィリエイト会社も必死で

チェックするでしょう。

ですから、まともな広告主ならば、キチンと変更作業をするでしょうね。

もし、変更作業をしないと、広告主は、アフィリエイト会社から提携解除されるでしょうしね。

それは広告主だって困るでしょうから。。

 

ただ、現状、ITP 問題による、成果報酬の発生確認には、取りこぼしがあるようです。

実際、取りこぼしがありました!とわざわざメールで報告してきたアフィリエイト会社さんも

ありましたし、次の日になってから、昨日の売り上げに追加されていた発生金額もありました。

そうなんですよね!データの修正や発生金額の補足は、人海戦術でやってるんですよね!

人間がチェックしないと、正確な発生数が確認できないみたいです。

アフィリエイト会社のスタッフさんも大変だろうなあ。。(;´∀`)

ただ実際、最大で10%程度の成果報酬金額がカウントされていない可能性もあるそうです!

まあ、そんな感じですので、この ITP 問題が片付くには、もうしばらく時間がかかるでしょうね。

 


| アフィリエイト収入  おすすめのアフィリエイトとブログTOP